よつ葉からのたより

日向市デイサービス よつ葉コラム 「お天道様」

いつもデイサービスよつ葉をご愛顧いただき誠にありがとうございます!

本日はおてんとさまのお話です

 

「お天道様 死語に なりつつあるそうです」

「お天道様」なんて読むかお分かりですか?「おてんとさま」です

「お天道様が必ず見ているよ」←祖母や、母親によく言われてました。

私は今、その「お天道様」に変わるのが莫大な数の監視カメラになってるような気がするんですね。私が小さいころは、いろんなお店に監視カメラ自体ありましたが、今のように超厳戒態勢状態のようなカメラ数はなかったと思います。その分、万引きや犯罪が多くなってきているという事なのだろうと思いますしお店にとっては、命を懸けて商売をしているので、そうなるのはしょうがない事だと思います。
でも、10年後、20年後今の子供たちが大きくなったとき・・・今より監視カメラが増えていればそれは、人間社会として退化していってるんではないかと考えてしまいます。

サザエさんのシーンで言えば、天使のカツオ君と悪魔のカツオ君が戦うシーンがあります。あれは、人間の本性でしょう。
でも、「悪い事はお天道様(太陽)が必ず見てるよ」という「絶対に正しい心の監視カメラ」があれば、悪魔のカツオ君が勝つことはないし、エゴ・私利私欲の犯罪や万引きもへるのではないかと思うのです。

「お天道様が見ているよ」は死語にしてはいけない
現代の波平さんや、舟さんになって今の子供たちに伝えるべきだなと思います。

みなさま本日もはりきってまいりましょう!

デイサービス よつ葉